GALVANIZE gallery

GALVANIZE gallery : GALVANIZE (ガルバナイズ)の意味:電気を通して刺激する、治療する。駆り立てる、活気づける、活性化する。トタンを英語で、galvanized ironやGalvanized sheet。Luigi Galvani(イタリアの解剖学者1737~1798)の名前から来ている。オーナーが電気屋さんである、建物の外観がトタンである、街の活性化の三つからGALVANIZEに決める。Reborn-Art Festival 2017参加アーティストの有馬かおる企画によりスタート。

2019/01/04

山形藝術界隈展一〇 [根本裕子・西村宜起 二人展 《犬はマインドフルネス》]





展覧会名: 山形藝術界隈展一〇 [根本裕子・西村宜起 二人展 《犬はマインドフルネス》]
 会期: 2019年1月4日(金)~2月3日(日) (※会期が変更する可能性がございます)
 会場: GALVANIZE gallery(石巻のキワマリ荘 1F [宮城県石巻市中央2-4-3])
 開場日時: 会期内の毎週金・土・日曜/11:00~18:00 (※会期中の開場日時は変更する可能性がございます) 
入場料: 無料 出品作家: 根本裕子、西村宜起 
主催: 山形藝術界隈 
協力: 有馬かおる(GALVANIZE gallery) 
後援: yukiaisaime、山形藝術界隈友の会 
企画: 山形藝術界隈、halken LLP


【山形藝術界隈展一〇 [根本裕子・西村宜起 二人展《犬はマインドフルネス》]】 山形藝術界隈メンバーの根本裕子とゲスト作家の西村宜起(にしむら・よしき)による二人展である本展覧会は、《犬はマインドフルネス》というタイト ルのもと、「理屈なき現実」を現出させようとする展示となりました。

以下は、山形藝術界隈メンバー 大槌秀樹による本展へのコメントです。 ----- 「理屈なき現実」 人が現実を見る時に理屈は必要であるのか。犬は目の前の現実に対峙し、そこにしか自身の存在を認知しないのでないか。ゆえに、その表情は豊 かであるのではないか。と根本は考える。純粋に「CG(コンピュータ・グラフィックス)の目」を通して見た現実を表出させる映像は、「人間の目」とは違った 視点からの現実を存在させ、その風景は静かな衝撃を与える。西村作品。二人の「理屈なき現実」がここに現れる。 (大槌秀樹)






【山形藝術界隈展一〇 ゲスト作家: 西村宜起/にしむら・よしき】 東北大学工学部電気工学科卒業、Institute of Design / Illinois Institute of Technology(Chicago, USA)修士課程修了。現在、東北芸術工 科大学映像学科にて教職。学生時、タイポグラフィを学びタイポグラファーを目指すが、その当時台頭し始めた3次元コンピュータ・グラフィックス に魅せられ、その世界にはまる。現在は、実写映像をCG(コンピュータ・グラフィックス)空間に取り込み映像制作を行っている。作品は、主にヨーロッパ の数々の実写系映画祭にて、「Experimental Film」(実験ドキュメンタリー映像)として受け止められ、発表を続けている。


2018/11/20

渋谷剛史 個展《美術のかわいがり稽古》





 展覧会名: 山形藝術界隈展〇九 

[渋谷剛史 個展《美術のかわいがり稽古》
 ~今日もあいつに「扱かれる」(柔道の歴史が見た美術への視点)~] 

会期: 2018年11月16日(金)~12月16日(日) (※会期が変更する可能性がございます) 
会場: GALVANIZE gallery(石巻のキワマリ荘 1F [宮城県石巻市中央2-4-3]) 
開場日時: 会期内の毎週金・土・日曜/11:00~18:00 
(※会期中の開場日時は変更する可能性がございます) 
入場料: 無料 
出品作家: 渋谷剛史 
主催: 山形藝術界隈 協力: 有馬かおる(GALVANIZE gallery) 
後援: yukiaisaime、山形藝術界隈友の会 
企画: 山形藝術界隈、halken LLP 






 【山形藝術界隈展〇九 [渋谷剛史 個展《美術のかわいがり稽古》
 ~今日もあいつに「扱かれる」(柔道の歴史が見た美術への視点)~]】 

この展覧会は、日本近代美術史と現代武道の歴史的関係を考察し、イヴ・クラインのルーツである欧州の柔道界で考案された〈青い柔道着〉を着 た作家(=渋谷)が、関節技で美術に「扱いてもらう」ことで二つの文脈を再接続させることを目的にした、美術による武道へのかわいがり稽古の現 場です。いうなれば、美術と武道の歴史的関係を、体育会系の「扱く/扱かれる」関係に置き換えた展示といえるでしょう。 学生時代、柔道選手だった渋谷は、先輩による扱きに嫌気がさし、部活をたまたまサボった時に現代美術に出会いました。これなら体育会系特有 の意味不明な上下関係を強制される柔道の組織に対抗し、その文化を理論化し、美術で柔道を扱いてやることができるかもしれない...と、渋谷は 考えたのです。それから、渋谷は柔道や美術をより詳しく勉強していくこととなり、その中で日本の現代武道と近代美術に共通の人物がいることを 知りました。その発見をもとに、相手を極める(封じる)という意味を持つ〈関節技〉を使い、美術に柔道を封じこめてやろうと考えました。柔道を含めた 武道が概念芸術にならないか? という期待を込めて...。 山形藝術界隈のニューカマー、芸術家兼柔道家・渋谷剛史の考える、近代美術史の動向に振り回され「扱かれている」、現代武道の姿を、この 展覧会で是非ご高覧ください。




>>>>>>>>

【渋谷剛史|個展 クロージングイベント「体育会系伝統文化継承会 ─焼肉─」】 石巻のキワマリ荘 GALVANIZE gallery にて開催中の渋谷剛史展も残すところあとわずか!12月22日(土)には、クロージングイベントとして、演劇型のパフォーマンスイベントを開催です。




渋谷剛史の実験に参加。彼がしごきを受けていた時を再現。参加者が渋谷をしごく(いじる、いじめる)のだが、参加者は暴力を振るいたくない。しかし、役の設定や雰囲気が参加者に暴力を強要する。始まりはギコチナイのだが皆、時間が経つと練れて来て、それが当たり前になってゆく。怖すぎる!!。



2018/11/17

終末の個人商展 :菅原 葵 / setten.



街の個人商店は今、大型ショッピングセンター・コンビニエンスストアの普及、車社会化の進展、店主の高齢化などの問題により、存続の危機と直面しています。これから数年の間に後継者のいない個人商店のほとんどが店を閉めることが想定されます。では個人商店の終末(いきつくところ)には、何が待っているのでしょうか。

お店を閉めた方、これから閉める方。また、閉めることも考えたが今も商売を続けている方、総勢23名の商店主さんにお話しを伺いに行きました。

商売を辞めて、仕事や、地域で新しい自分の役割を見つけた人。
老後の人生を趣味で楽しむ人。
先代から続く商売を、自分の代で閉めるという決断に、悩む人。
生きがいをなくしてしまった人。

さまざまな商店主の声に耳を傾け、その言葉やエピソードを、イラストと文章で展示します。あなたの住んでいる街の個人商店の終末に想いを馳せてみませんか


来たる11月17.18日とsetten.にて展覧会が行われます。
今回は東北芸術工科大学デザイン工学部の菅原葵さんの作品になります。
両日共に作家さん在廊、17日はオーナーも在廊いたします!


2日間、ご来場してくださった皆様方、どうもありがとうございました!
個人商店のみなさま、議員さん、高校生、たくさんの人に足を運んでいただき感謝です。
好評につき、今週末の2日間、延期展示が決定しました!!!
11/23(金),24(土)。11:00-18:00でopenしています。
gallery setten.(石巻のキワマリ荘2F)
宮城県石巻市中央2-4-3




実は、会場に誰よりも早く駆けつけてくれたのは病院で闘病中の祖父からの電報でした。
展示を見に来てくださった方はご存知と思うのですが、この展示を開催したのは5年前個人経営の八百屋を閉めた祖父が「決断しなければいけないときもある」と私に教えてくれた事がきっかけになっています。
電報には「今回の展示でたくさんの人の心に、貴方の想いが伝わりますように。秋田でお祈りしています」とお祝いのメッセージが書かれていました。そして、17・18日の展示が終了したほんの数日後、祖父は、天国へと旅立ってしまいました。ほんの少しの間ですが、祖父や、取材をさせていただいや個人商店主さんたちの人生に寄り添うことができた時間はとても貴重なものだったなと思います。
そして、電報にあったとおり、観に来て下さったたくさんの人の心に私や、商店主さんたちの想いが届いていれば幸いです。
・・・・
石巻での展示は今回で終了となりますが、巡回展も考えております。別の形でまた、皆様とお会いできることを楽しみにしております。
東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科4年菅原 葵

2018/11/03

GALVANIC SESSION(ガルバニックセッション)



2018年11月4日(日)




『GALVANIC SESSION(ガルバニックセッション)』
場所 GALVANIZE gallery (石巻のキワマリ荘1F) 開場19:00 開演19:30 終演21:00 料金 1,500円 出演 白丸たくト   大槌秀樹    四倉由公彦    .(おやすみ帝国)    Mark Sadgrove











       https://twitter.com/shirootkt/status/1059387439163179009




2018/10/05

岡本羽衣「や、をうん」/ おやすみ帝国




おやすみ帝国にて個展 岡本羽衣「や、をうん」を開催させていただきます。
是非、ご高覧ください!
ーーーーーーーーーーーーー
岡本羽衣「や、をうん」
会期:2018/10/5(金)〜28(日)金土日11:00~18:00
会場:おやすみ帝国(宮城県石巻市中央2-4-3 石巻のキワマリ荘 2F)

















2018/09/12

帰ってきた MOLE GALLERY




【会期】2018年9月1日~10月28日 (金・土・日)11時~18時


「帰ってきた MOLE GALLERY」

会場: GALVANIZE gallery

参加作家: 尾崎森平 / 後藤拓朗 / 草彅裕 / 根本裕子 / 工藤裕太 / 大槌秀樹  / SANZOKU

2016年に行われた山形ビエンナーレ・アートの市『藝術界隈』において、突如として現れたダンボールギャラリー「MOLE GALLERY」。それは美術家・後藤拓朗氏による作品であり、なおかつ美術家・大槌秀樹が生み出した「MOLE GALLERY」の未来の姿を想定した、時空を超えた作品であった。
かつて、名もなき美術家・大槌秀樹が「MOLE GALLERY」をかかげ、MOLE革命と題した展覧会を開催。その後、多くの絶望を味わい美術に希望を見いだせなくなった時、ある人の言葉を思い出し、もう一度美術の力を信じて立ち上がる。という希望に満ちた未来の作品であった。
その後、彼(僕)はどうなったのか? まだ美術を続けているのか? 絶望の中にまた戻ってしまったのか? 
そんな、あの時(未来)からの続編、「帰ってきたMOLE GALLERY」現れます。

MOLE GALLERY代表・モデレーター  大槌秀樹

美術の力は何なのかを問う。







            
















2019・10・05 石巻日日新聞




2018/07/29

山形藝術界隈展 ○七 [ 是恒さくら、久松知子 ]




年間山形藝術界隈展(石巻のキワマリ荘 プロジェクト) 
《山形藝術界隈展 〇七》のご案内

【展覧会概要】
展覧会名: 山形藝術界隈展 ○七
会期: 2018年7月6日(金)~8月19日(日)
会場: GALVANIZE gallery(石巻のキワマリ荘 1F [宮城県石巻市中央2-4-3])
開場日時: 会期内の毎週金・土・日曜/11:00~18:00 (※会期中の開場日時は変更する可能性がございます)
入場料: 無料
出品作家: 是恒さくら、久松知子 
主催: 山形藝術界隈
協力: 有馬かおる(GALVANIZE gallery)
後援: yukiaisaime、山形藝術界隈友の会
企画: 山形藝術界隈、halken LLP


是恒さくらと久松知子による二人展である本展覧会は、「山形藝術界隈とは何者なのか」という問いに答えようと構想されました。この二人の作家は共に、〈芸術(アート)と日常の肉迫〉が山形藝術界隈の特徴であると考えています。有機的に変容しつづける芸術運動体の中で積み重ねられてきた物語(個人史)と、本展覧会開催地の石巻で培われてきた民俗文化の交差点に、二人の作家それぞれの視点から芸術(アート)と日常の関わりに焦点をあてるアプローチを紹介いたします。

久松が今回展示する《思い出アルバムpainting》シリーズは、この運動体が生まれるきっかけになったイベント「アートの市 芸術界隈」(「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016 公式プログラム」)での一場面を記録画として残そうと試みることを起点とした絵画の連作です。それは、個人的な思い出とさまざまな芸術観との出会いの重なりを描いているものです。

山形藝術界隈が始まる以前から石巻での取材を重ねてきた是恒は、石巻の日常の中の芸術のあり方として漁船を彩る「大漁旗」に着目、山形藝術界隈との融合点を模索しました。地元・石巻の「山田染工場」での対話と共同制作から導き出した芸術についての考察として、「山形藝術界隈」の旗印を掲げます。


【出品作家】
是恒さくら(これつね・さくら)
1986年 広島県生まれ。美術家。アラスカや東北で先住民、捕鯨文化、漁労文化等のフィールドワークを行い、造形やリトルプレスを通して異文化間の価値共有の可能性を探っている。2010年 アラスカ州立大学フェアバンクス校卒業。2017年 東北芸術工科大学大学院修士課程地域デザイン研究領域修了。個展に「沖語り ―オキガタリ―」(Open Letter・東京/2017年)、グループ展に「新・今日の作家展2017 キオクのかたち/キロクのかたち」(横浜市民ギャラリー・神奈川/2017年)など。

石巻で七代続く山田染工場さんは、漁船の大漁旗、祭事の獅子幕や神社の幟、飲食店の暖簾を手作業の染めでつくり続けてきた。東日本大震災時には工場も家も浸水したけれど、その後工場を再開。震災後の数年間は、新しく作られた漁船に贈る大漁旗の注文がひっきりなしにきて休む間もなかったそう。
そんな忙しさも落ち着いた今。工場の後継はおらず、あと何年続けられるかとのこと。漁業の町の民俗文化と切り離せない「染め物」は、この土地で培われた芸術のひとつのかたちだと思う。
そんな「旗づくり」をたどるプロジェクトです。




制作・展示の様子や山田さんとの対話:
久松知子(ひさまつ・ともこ)
1991年 三重県生まれ。画家。現在、東北芸術工科大学大学院博士課程在学中。日本の近現代美術の歴史・制度、言説などを題材にした絵画を中心に制作している。2015年 第7回絹谷幸二賞奨励賞、第18回岡本太郎現代芸術賞岡本敏子賞受賞。2018年 大原美術館によるアーティストのレジデンスプログラム「ARKO2018」に招聘決定。







--
【山形藝術界隈に関する情報・お問い合わせ】
本プロジェクトおよび展覧会、「山形藝術界隈」「山形藝術界隈友の会」に関する詳しい情報は、 山形藝術界隈のFacebookページ、twitter、webサイトなどをご確認ください。 また、ご質問やお問い合わせは プレス担当: halken LLP(ハルケン)までご連絡ください。
● 山形藝術界隈Facebookページ: www.facebook.com/geijyutsu.kaiwai
● 山形藝術界隈twitter: www.twitter.com/geijyutsukaiwai
● 山形藝術界隈webサイト: www.geijyutsukaiwai.org
● お問い合わせ: halken LLP 〒990-0823 山形県山形市下条町2-3-22
t. 023-665-5500 m. info@geijyutsukaiwai.org